2014年07月18日

外科のポイント

(問題1)壶腹周围癌(膨大部周囲癌、periampullary adenocarcinoma)

壶腹周围癌とは、総胆管末端、Vater乳頭部と十二指腸乳頭部の悪性腫瘍のことである。臨床症状は膵頭癌と多くの共通点があり、これらを合わせて壶腹周围癌と言う。
臨床症状としては、胆管、膵管が十二指腸開口部で圧迫されることにより、@黄疸、A腹痛、B胃腸の出血、Cその他(食欲減退、腰背中部疼痛、体重減少、下痢、悪心、嘔吐、貧血)

(問題2)门静脉交通支(portosystemic collateralization)

門脈系の血管には弁がなく、その静脈系統には、四つの门静脉交通支(portosystemic collateralization)が存在する。
@胃底、食道下段交通支
(胃冠状静脈、胃短静脈、食道静脈叢、奇静脈、半奇静脈→上大静脈)
A直腸下段、肛管交通支
(直腸上静脈と直腸下静脈、肛管静脈吻合→下大静脈)
B前腹壁交通支
(臍旁静脈と腹上、腹下静脈の吻合、それぞれ上大静脈と下大静脈へ)
C腹膜後交通支
(上腸間膜静脈と下腸間膜静脈と下大静脈の吻合。Retzius静脈叢とも言う。)

(問題3)肝脓肿(hepatic abscess,liver abscess)侵入途径

経胆道、経門脈、経肝動脈、外傷、胆炎や膵臓炎の波及

(問題4)贲门周围血管离断术离断静脉

門脈圧亢進症に対する外科手術である。
脾臓を摘出した後に、胃短静脈を離段し、冠状静脈(食道支、高位食道支も含む)を結紮、離段する。これらの血行遮断術により、食道静脈瘤破裂のリスクを減少させることができる。

(問題5)请简述腹部闭合性损伤行剖腹探查术的指症

激しい腹痛で、腹膜刺激症状(筋性防御、Blumberg徴候)が出て、消化管の穿孔の疑いがある場合。cf.盲腸
卵巣腫瘍の茎捻転、子宮外妊娠、大動脈解離など。


posted by 留学者 at 00:07| ポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。