2014年07月18日

骨外科

@骨折の局所表現には(A)なものでは(B)、(C)、(D)がある。他のものには(E)、(F)、(G)、がある。骨折の補助診断法には(H)などがある。

(A)专有体征(B)奇形(C)反常活動(D)骨擦音と骨擦感(E)疼痛(F)腫脹(G)機能障害(H)X線、CT、MRI

A頚椎病は(A)とも呼ばれ、(B)、(C)、(D)、(E)の総称である。(F)を主とする疾患である。

(A) 颈椎综合征(B) 颈椎骨关节炎(C) 攝カ性颈椎炎(D) 颈神经根综合征(E) 颈椎间盘脱出症(F) 退行性病理改变

B頚椎病の四つのタイプには(A)、(B)、(C)、(D)がある。

(A)神経根型頚椎病(B)脊髄型頚椎病(C)交感神経型頚椎病(D)椎動脈型頚椎病

C胸腰椎損傷の評価には(A)が用いられる。(A)により前の(B)、中の(C)、後ろの(D)に分けられる。それぞれ(B)には(E)が含まれ、(C)には(F)が含まれ、(D)には(G)が含まれる。3つの部分の内、二つ以上に骨折が生じたものを(H)と言う。

(A) three column theory(B)前方支柱(前椎)(C)中央支柱(中椎)(D)後方支柱(后椎)(E) 椎体の前2/3(F) 椎体の後1/3と後縦靱帯(G) 椎弓、椎間関節、黄色靱帯、棘間、棘上靱帯(H) 不安定型骨折

D脊髄の損傷を分類すると(A)、(B)、(C)、(D)、(E)がある。

(A)脊髄震盪症(B)脊髄ショック(C)脊髄不全損傷(D)脊髄完全損傷(E)脊髄円錐症候群

E上腕骨を骨折した時は、(A)、(B)、(C)、(D)の障害が生じやすい。尺骨上1/3部の骨折で(E)を合併したものを(F)と言う。橈骨下端関節面の掌側の傾斜は(G)度で尺骨側の傾斜は(H)度である。橈骨下端の伸直型骨折に(I)があり、屈曲型骨折に(J)がある。

(A)上腕動脈(肱动脉)(B)上腕静脈(C)正中神経(D)橈骨神経(桡神经)(E)橈骨小頭の脱臼(F)Monteggia骨折(G)10-15(H)20-25(I)Colles骨折(J)Smith骨折

FColles骨折の治療方法には(A)、(B)がある。肩関節脱臼の臨床表現は(C)、(D)、(E)、(F)、(G)である。肘関節脱臼の臨床表現は(H)である(骨折との違い)。
(A) 保存治療(骨折した骨をもとの状態に整復し、シーネ、ギプスなどで固定する)(B)手術療法(プレートで固定)(C)外傷史(D)疼痛(E)方肩畸形(F)Dugas征阳性(Dugas徴候:座位になり、患部の手を反対側の肩に乗せた状態の時、肘を胸壁に当てることができない。疼痛のため)(G)X線所見(H)肘後三角関係改善
cf.肩関節脱臼の治療はHippocrates法、Kocher法、Stimson法を用いる。

G末梢神経の損傷程度の分類に(A)があり、(B)、(C)、(D)に分類される。

(A)Seddon分類(B)神経震盪(一過性神経不動化:損傷部に限局した一過性の伝導障害)(C)軸索断裂(軸索、髄鞘は損傷され、断裂部より末梢の軸索はWallar変性を起こす。圧迫を早期に除去する必要がある。)(D)神経断裂(再生が認められない。)

G骨折の治療の原則は(A)、(B)、(C)である。骨折の全身合併症には(D)、(E)、(F)、(G)、(H)がある。

(A)正確な複位(B)良好な固定(C)積極的な機能訓練(D)ショック(E)脂肪塞栓(F)ARDS(G)MSOF(多臓器不全症候群)(H)腎不全

H半月版損傷の四要素は(A)、(B)、(C)、(D)である。

(A) 膝关节的半屈(B) 内收或外展(C) 重力挤压(D) 旋转

I半月版損傷の判定に用いる試験に(A)、(B)、(C)、(D)、(E)がある。

(A)过伸试验(B)过屈试验(C)半月板旋转试验(D)研磨试验(E) 蹲走试验

J椎间盘突出症とは(A)の(B)に亀裂が生じ、(C)が脱出し(D)を圧迫し、痛みが生じる状態。椎间盘突出症の分型には(E)、(F)、(G)、(H)がある。

(A) 椎間板(B) 線維輪(C) 髄核(一部の線維輪)(D)神経(E)膨隆型(F)突出型(G)脱垂遊離型(H)Schmor結節及び経骨突出型

K运动系统慢性损伤的共同特点

1躯干或肢体某部位长期疼痛,但无明显外伤史
2特定部位有一压痛点或包块,常伴有某种特殊体征
3局部炎症不明显
4近期有与疼痛部位有关的过度活动史
5部分病人有可能产生慢性损伤的职业,工种史

L骨肉腫でよく見られるX所見に(A)がある。
(A)Codman三角


posted by 留学者 at 16:44| 骨外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
広告
広告
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。